ぷよぷよ!!クエストのすばらしさについて

ぷよぷよ!!クエストは素晴らしいゲームではないでしょうか。スマホゲームでなくても、ぷよぷよは愛されていると思われます。新しいイベントの「第2回魔獣ラッシュ!」もなかなかやりがいがあります。テトリスはそんなにもはや行われていないのかもしれませんが、ぷよぷよは未だに人気があるのはどうしてなのか、よく分からないものの、しかしながら、私は、ぷよぷよ!!クエストを毎日プレイしております。そういう人がいるからこそ、このシリーズはどんどんと新作が出てくるのでしょうし、新作が出るたびに買う人も出てくるのでしょう。ということは、何がしかの普遍性がこのシリーズにはあると考えざるを得ません。
普遍性のあるゲームといえば、ドラゴンクエストでしょう。こういうゲームは日本人作家が作った最良のゲームであると断言してしまった構わないのではないでしょうか。そこから、クエストという言葉を借りたのかどうかは分かりませんが、とにかくクエストといえば、ドラゴンクエストなのではないでしょうか。そういう参照が起こることを承知のうえで、このようなゲームのタイトルを付けるのですから、ぷよぷよ!!クエストは作者にとってよほど自信があったのでしょう。このような自信が生まれることも、このゲームを一瞬でもプレイした人であれば十分に理解できるのではないでしょうか。
それほどまでにこのゲームは素晴らしいのです。電撃を撃たれるような衝撃が走ることも少なくありません。こんな素晴らしいゲームを作れる日本社会はまだ底力があるということを確信することができます。こんな素晴らしいゲームを作ることのできる国が他にどこにあるのでしょうか。
しかし、もちろん、そんな大上段に構えなくても、普通に考えてもこのゲームはあまりに素晴らしいのではないでしょうか。素晴らしいゲームを毎日プレイしていれば、毎日が素晴らしいものになってまいります。私は、この点からも、このような素晴らしいゲームの作者に対して深い感謝をささげることを惜しみません。ありがとうございます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ