ぷよぷよ!!クエストのストーリーもなかなか

ぷよクエの新イベントのカツオ大漁祭りも今日が最終日。超激辛にもたまには挑戦したいとおもいます。考えたらぷよぷよ!!クエストって一時期大ブームを起こしたパズルゲームという印象が強いんですが、その後はそんなに鳴かず飛ばずって感じが拭えないかもしれませんね。大ブームのあとに実は少ブームくらいのプチヒットを出して、少し再熱した時もありましたが、基本的には尻すぼみな印象があるタイトルです。

でも最近気づいたんですが、長年をかけて魅力的な登場キャラクターを排出してきたのがぷよぷよシリーズの特徴だという点ですよ。連鎖とかのパズル性ではなくて、本当の本質的な魅力はキャラクターが紡ぎだす壮大なストーリーにこそあったんです。アルルのかわいさだけではなく、サタンやら人魚姫などの存在感も際立っているし、すけとうだらだってネタっぽさを醸し出しつつも、コンパチキャラではなくしっかりと立ったキャラクター性を発揮しています。

そして、ぷよぷよ!!クエストですよ。攻略の基準は相変わらずスカッとしたばよえ~んの大連鎖であることは変わらないんですが、練りこまれたキャラクターたちの掛け合いからのストーリーに熱中すること請け合いですわ。ここに注目しているかどうかでぷよぷよ!!クエストに大きな楽しみを見いだせるか、そして遊びこむほどプレーするかの分かれ道になるんじゃないかなって感じています。

やっぱりパズルだけだとね。どのパズルゲーもそうですが飽きちゃいますよ。特にスマホなんで、すぐに他のアプリやブラウジングに切り替えることが容易のために、熱中できないゲームだとすぐに見限っちゃうことになりかねないです。つまり、ヒットするスマホゲーっていうのは、これからはゲーム性+ストーリーの2大要素が揃っていないと厳しいんじゃないのかってことが皆に伝えたいことなんです。メーカーさんもスマホアプリを量産して、ヒットしたものだけサービスを拡充する方法を取っていますが、そのうち通用しなくなるかもしれませんよ。このゲームを見習って良い部分を参考にしてみてはいかがでしょうかね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ